社会福祉士を取得


社会福祉士を取得する際に、様々な道があります。福祉に関連する専門学校や短大を経て、2年間の実務経験を得て、半年の短期養成施設での勉強を終えることにより社会福祉士として受験資格が得られます。また、福祉に関する大学を卒業して半年の短期養成施設で勉強する方法もあります。

このように専門学校を卒業すればいいという訳でもない、厳しい条件が社会福祉士の受験資格になります。さて厳しい難関というイメージがあります。しかし、専門学校を卒業して実務経験や養成施設で勉強するときに通信制の専門学校で勉強を重ねておくという方法もあります。このように社会福祉士を取得したいという方が多くある現実も踏まえて、専門学校では通信制課程での学習環境を整えています。

もちろん通学して学ぶ環境であればベストなのですが、最寄に専門学校が無い場合もあるのです。そこで通信制課程の専門学校ですと、自分の都合に合わせて時間の調整を図りながら勉強を進めることも出来ます。そうなると通信制課程の専門学校はお薦めだと思います。もちろん、1人で勉強していてもペースがつかめないはずです。近くの知人との交流やブログでの情報を確認することにより、努力しているのは自分だけではないということが分かるはずです。