介護福祉士を取得


介護福祉士の受験資格とは、実務経験3年以上で、さらに実務者研修を修了することです。そして、これ以外にも方法があります。それは福祉の専門学校を卒業することです。もちろん、卒業すると介護福祉士の受験資格が得られるかどうか確認する必要があります。そうなると、やはり福祉の専門学校に通いたいと考える方もいるはずです。

さて介護の仕事に就きたいと福祉の専門学校を選んでも、今はコース毎に魅力があります。一般的な介護を勉強するコースや心理を勉強するコースや、スポーツを通して介護を支援していくコースなど様々です。このように、実務経験や研修を積んで介護福祉士になる方法もありますが、数年はかかりますが専門学校に通うことで受験資格を得られることは良いことなのです。

介護福祉士を取得することにより、食事や入浴という身体面での介護を行い、利用者や家族の相談に対してアドバイスを行います。そして家事や生活の支援をします。さらに介護福祉士は、現場で働いている人たちに指導したりと指導や助言を行います。いわばリーダーともいえます。もちろん、働く場所も老人福祉施設や、自宅を訪問する訪問介護施設や、有料老人ホームと多岐に渡ります。その資格を得るためには専門学校に通うことが近道です。

推奨サイト|学生の皆さまへ専門学校のご案内|就職に強い大原学園