専門学校で福祉を学ぶ


専門学校で学べる福祉の資格は多くあります。代表的なのが、介護職員初任者研修修了者、介護福祉士、社会福祉士です。介護職員初任者研修修了者とは、以前でいえばホームヘルパー2級になります。介護職を目指す人の大半が、取得する資格です。また夜間専用の職員ですと日給2万円以上の求人もあり魅力的です。介護福祉士は、実務経験3年以上と実務者研修が修了していることが受験資格となっています。そこで介護のプロということがいえます。社会福祉士は、介護サービスをしている方の指導をしたり助言をする仕事です。試験は、マークシート方式で5つの選択問題となっています。

このように3つの資格を説明してきましたが、この他にも沢山あります。手話通訳士、精神保健福祉士、ケースワーカーやケアマネージャーがあります。また仕事として訪問介護員や生活指導員、点字通訳者、医療ソーシャルワーカーがあります。これ以外にも仕事は多岐に渡ります。そして福祉は奥が深いと実感するはずです。一般的に、給与面での引き上げが問題になっていることもあります。しかし福祉という分野は高齢化社会では必要な分野なのです。

それを考えると専門学校で福祉を勉強したいと考えることは良いことなのです。これからは高齢化社会は進んでいきますし、それ以外の福祉分野もケアが必要です。もちろん各家庭においても介護の知識があることにより、生活が変わってきます。今後どの道に進むべきかと悩んでいる人にとってみればお薦めの分野、それが福祉でもあります。それでは、介護福祉士、社会福祉士と様々な福祉を説明していきます。